クロノグラフのマイルストーンを祝うセイコーがアニバーサリー限定版ウォッチを発表

周知のように、セイコースーパーコピーは時間単位の計算のために時計の発展が重要な貢献を作り出したのを積み重ねます。1969年、ブランドはCaliber6139を発表して、これも世界で1番早くガイドポストを配備して垂直の別れと出会い装置の時間単位の計算のチップに順番に当たるですと。しかし事実上、セイコーの時間単位の計算の表す歴史がさかのぼるのがもっと早いことができる前に、ブランドは1940年代の初めに時間単位の計算の懐中時計を生産したことがあります。今のところ、セイコーは2モデルの新しく自動時間単位の計算に時計を積み重ねるように出して、だから悠久で誇らしい時間単位の計算の伝統を祝います。新作の腕時計は1964年に1969年と2モデルのシンボル的な時計算する紀念のが行うので、その中の1モデルはProspexシリーズに属して、もう一つのモデルはPresageシリーズに属します。2モデルの全く新しい腕時計は2019年に12月に発売して、そしてセイコーの高級品店と全世界から小売商を精選して発売します。

確かに、1969年に発表したのCaliber 6139はセイコーの歴史の上の1つの重要な一里塚で、それが世界で1番早くて自動時間単位の計算のチップの中の一つだけではありませんため、本当にの意味はまた(まだ)それが同時にガイドポストを配備して垂直の別れと出会い装置に順番に当たりにとあって、時間単位の計算の精度著しい引き上げを得ます。今のところ、垂直の別れと出会い装置はガイドポストの順番に当たる結合とすでに広範に高級な時間単位の計算だと見なすに表す前提条件を積み重ねられました;1969年にあって、これは自動腕時計の重要な進歩を象徴します。

1969年に一里塚の全く新しいProspex制限する腕時計がセイコーの最も先進的な時間単位の計算のチップCaliber 8R48を採用するのを紀念して、このチップは初めて2014年に発表されます。垂直の別れと出会い装置とガイドポストの車輪の以外、Caliber 8R48チップはまた(まだ)セイコーの独特な3を結び付けてシンクロナイズする帰零の金槌とハートカムをついて、時間単位の計算機能のスタートの時の精密で正確な高速、帰零の時が完璧にシンクロナイズするのを確保することができます。新作の腕時計はその時代の好感を受ける設計をそのまま用います――白色の時計の文字盤を背景にして、2つの黒色のサブリスト皿を設けて、セイコーのファンに親切に“パンダ”と称させられます。時計の文字盤から針金をつくって潤色して、頃までポインターはダイダイ色の先端の時間単位の計算の秒針に付いているのと、また時まで標識と流速計は目盛りを閉じ込めて、新旧(の程度)の腕時計はすべて別に異なるところがありません。

それ以外に、新作の腕時計はまた(まだ)常規の秒針のために第3身長の時計の文字盤が設置されていて、鏡映面を超えて(Zaratsu)技術のペアウォッチの殻設計を売り払ってアップグレードするのを採用して、そして箱形のサファイアの水晶の鏡映面を配備します。聞くところによると、このProspex自動時間単位の計算は表の50周年紀念版が制限して1、000のつを発行するのを積み重ねます。

発表されるのは1964年にのCrown時間単位の計算時計を積み重ねるセイコー、日本の表を作成する歴史の上の第1モデルの時間単位の計算の腕時計です更には。この腕時計の各方面はすべて初めから設計で、セイコーの時間単位の計算の腕時計の生産する始まりをも示します。この腕時計は質素なの単に押しボタンの構造を採用して、しかしガイドポストを配備してコントロールの時間単位の計算機能のスタートに順番に当たって、停止してリセットして、十分に精密で正確な時間単位の計算のがしっかりと承諾するのに対して現れて、比較してCaliber 6139および、すべての後継者も多く譲るいとまがありません。

新作の時間単位の計算は時計が忠実に再現して1964年にCrown時間単位の計算が表す設計を積み重ねるのを積み重ねて、セイコーコピー時計専門店箱形のサファイアの水晶の鏡映面を配備して、表示して内傾く表す殻にはっきりしている数字の狭い時計の小屋、形を付けておよび、腕時計をしっかり手首の間で似合わせます。当然で、すべての細部はすべてアップグレードを改善するのを得ます:Caliber 8R48チップは12時間備えて時間単位の計算機能に累積して、そして45時間の動力を提供して保存することができます;サファイアの水晶の鏡映面の内部皮膜の防眩層;耳を表して鏡映面を超えて(Zaratsu)を売り払って潤色を通ります。聞くところによると、このPresage自動時間単位の計算は表の50周年紀念版が制限して1、000のつを発行するのを積み重ねます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です